北島200メートル平泳ぎでも金!

旬のキーワード問題と正解

2008年8月14日  

【問題】

北島康介が競泳200メートル男子平泳ぎで、今回2個目の金メダルを獲得した。
北島選手は前回アテネオリンピックの2個の金メダルと合わせて通算4つの金メダルを獲得したことになる。
さて、過去の日本選手史上オリンピックで最多の金メダルを獲得したのはだれ?

【ヒント】

体操男子で金メダルを8個取った選手がいたよ。

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

【正解】

加藤沢男(かとうさわお)

金 1968 男子 床運動
金 1968 個人総合
金 1968 団体総合
金 1972 男子 平行棒
金 1972 個人総合
金 1972 団体総合
金 1976 男子 平行棒
金 1976 団体総合
銀 1972 男子 あん馬
銀 1972 男子 鉄棒
銀 1976 男子 個人総合
銅 1968 男子 つり輪

なんと、メダル12個を獲得している。

【関連】



北島康介は本当にすごい。
圧勝だった。
200メートル平泳ぎも五輪新記録で金メダルを獲得した。
水泳界の歴史に残る伝説の男となった。
心からおめでとうと言いたい。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。