ゲリラ豪雨

旬のキーワード問題と正解

2008年8月29日  

【問題】

今年は日本各地がゲリラ豪雨に見舞われている。
愛知県の岡崎市で死者や行方不明者が出た。
また関東地方でも被害が大きかった。
京王線の電車が線路に積もった土砂に乗り上げて脱線した。
東京八王子市では裏山が崩れて家が倒壊した。

さて、愛知県岡崎市では全国観測史上7番目の大雨となったが、29日午前2時までの1時間降水量は何ミリっだたか?

【ヒント】

集中豪雨には、はっきりとした定義はないが、普通、直径数10kmの範囲に1時間に50mm以上の大雨があった場合、集中豪雨と呼ぶようです。

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

【正解】

146.5ミリ

【関連】

今年は雨もすごいし、雷も多いように思う。
異常気象だ。

気象情報に注意して、大雨や雷に対する情報を早目に得ておくことが必要だ。
大雨や洪水の注意報,警報が出たら,集中豪雨の起こり得る場合を考え,避難対策を考えておく必要がある。
どしゃぶりの雨が続くようなときは,場所によっては,災害が発生することを想定しておかなければならない。
車の運転も場所によっては、車が水没するようなところもあるので、そのような場合、早目に車を放棄して避難する勇気も必要だ。
私も以前、大雨で車が水没したことがあるが、「まだ大丈夫」と何の根拠もない自信だけで車を走らせてしまい、えらい目に会った。
避難の時期を逃さないためにも,自分の住んでいるところが,どのくらいの雨で危険になるかをあらかじめ知っておく必要がある。

わずかな力で、ガラスを割る!シートベルトを切る!緊急脱出救出ツール レスキューハンマー F...



緊急ツール RE-20



タグ:ゲリラ豪雨
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。