伊達公子が全日本選手権制覇!

キーワード・クイズ問題と正解

2008年11月15日  

【問題】

2008年、テニスの全日本選手権女子シングルスは、38歳のクルム伊達公子が優勝した。
さて、伊達公子選手の全日本選手権制覇は何年ぶりのこと?

【ヒント】

伊達は1991年、1992年に全日本選手権2連覇を果たしている。

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

【正解】

16年ぶり


【関連】

今回決勝の対戦相手は、21歳の瀬間友里加。
試合時間1時間8分であっさりと、伊達選手が勝利を手にした。

伊達選手は来年1月に4大大会の一つ、全豪オープンの予選に出場する予定だ。
やはり、格が違う。
というか、今の日本のテニス界の層の薄さが浮き彫りにされたということだ。

関連記事はこちら
 ↓
伊達公子ダブルスも制した!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081117-00000020-nks-spo



タグ:伊達公子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。