2010年上半期にヒットしたあの食品と言えば…


キーワード・クイズで話題の人物・ニュースをチェックして、
あなたもちょっぴり物知りになりませんか?

キーワード・クイズ問題と正解

2010年7月5日  

【問題】

ぼ〜と過ごしている内に、今年も半年が過ぎてしまった。
この辺りで2010年上半期のヒット商品について考えてみた。

まずは iPad(アイパッド)の日本での発売。
発売前に店頭に行列ができたのは記憶に新しい。

食品においては、食べる(   )が大ヒットして、生産が追いつかず品切れ続出だった。
さて、(   )内に入る言葉は何?


【ヒント】

最初「桃屋」の製品が大ブレークした。
その後、「SB食品」なんかも追随して、販売を始めた商品だ。

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

【正解】

食べる(ラー油)


【関連】

食べるラー油は、桃屋が「辛そうで辛くない少し辛いラー油」という長い名前で売り出したラー油だ。
なたね油とごま油と、色合いの良い粗挽き唐辛子で抽出した鮮やかな色のラー油に、香ばしいフライドガーリックとフライドオニオンをたっぷり加えたものだ。
そのまま食べる事もできて、旨さと食感を楽しむことができるラー油としてクチコミで大ブレークした。

ご飯にのせたり、うどんやパスタに絡めたり、炒め物や麻婆、お鍋に入れてもよく合うのだ。
今までラー油と言えば、餃子にかけて食べるぐらいだったのだが、新しい食べ方、新食感という新境地を開拓したところが、ブレークした理由だ。

今はツイッターなどで「思わずだれかに言いたい」と思うような情報が、一瞬にして広まる時代になってきた。
情報の伝播力が今までとは違い格段に強く、また速くなってきている。

まずはネットでクチコミが広がり、テレビがそれを取り上げて、情報が急激に広まって行く世の中になったのだ。

「食べるラー油」の他には、「アバター」「3Dテレビ」「ビッグアメリカシリーズ」「電子レンジで焼き魚」「LED電球」なども2010年上半期のヒット商品と言えるだろう。

これからも新商品、新情報には目が離せない。


芸能人・有名人の結婚・離婚・恋愛ファイルも見てみる?



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。