金環日食がもうすぐ日本で見れる


キーワード・クイズで話題の人物・ニュースをチェック。
あなたは、答えられるか?

キーワード・クイズ問題と正解

2012年4月24日  

【問題】

もうすぐ金環日食が見られる。
金環日食は見える場所まで移動して見に行かなければ、一生に一度見られるかどうかというぐらいの超珍しい天文現象だ。

例えば、東京など関東地方では今回の金環日食は173年ぶりの現象で、今後300年間は見ることができない。

さて、大阪、名古屋、東京でも見られると言う金環日食、何月何日に見られるのか?


【ヒント】

もう1ヶ月を切ったよ。

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

【正解】

2012年5月21日(月)


【関連】

次に日本で金環日食が見られるのは、2030年6月1日で、場所は北海道になる。
本州の金環日食となると、次回は2041年10月25日になる。
中心線が福井県、岐阜県、愛知県、静岡県を通る。

今回の金環日食のように大阪、名古屋、東京などの大都市で見られるのは極めて珍しいと言う。
私は福岡なので、「福岡じゃ見られないのか〜」とがっかりしていたら、金環日食は見られないけど部分日食は十分に楽しめると言う。
しかも太陽の9割近くが月に隠れる。
実は、5月21日の日食は、日本の全域で楽しめるそうだ。

良かった〜!
でも時間は、朝早くて福岡で日食が始まるのが6時16分だそうだ。
広島6時17分、京都6時18分、東京6時19分、金沢6時20分、仙台6時24分、札幌6時33分と続き、日食が始まって1時間から1時間16分ほど経過したところで食の最大を迎える。
朝7時半ごろがよさそうだ。
問題は、当日の天気だな。

詳しいサイトを見つけました。
   ↓
「日食ナビ」

**************************

肉眼で見てはいけません。
日食グラスを早目に入手しておきましょう。




他の日食グラスも見てみる。



芸能人・有名人の結婚・離婚・恋愛ファイルも見てみる?





タグ:日食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。