メタボリックシンドローム

2007-02-03 (Sat.)

旬のキーワードのまとめと豆知識

【メタボリックシンドローム】

メタボリックシンドロームという言葉を最近よく耳にするけれど、よくわからないので調べてみました。
メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満によって、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態を言い、最近治療の対象として注目されているということです。
内臓に脂肪が付いているんだ!

隊長も最近お腹が出てきてちょっと気になっています。
でも「お腹がでてきたなあ」では済まない恐ろしい状況に陥っているかもしれないというのです。

メタボリックシンドロームの人は、動脈硬化の危険因子である「肥満症」、「高血圧」、「糖尿病」、「高脂血症」も重複して発症している可能性が高いのです。
そして最近の研究で、これら危険因子の重複により動脈硬化のリスクが高くなることがわかってきました。

上記の危険因子を2つ持つ人はまったく持たない人に比べ、心臓病の発症リスクが10倍近くに、3〜4つ併せ持つ人ではなんと31倍にもなるという報告もあります。

対策としては、日常生活に運動を取り入れて、食生活を改善するといいそうです。
隊長は、まずはエレベーターを使わず階段を使うことから始めてみようかと思います。


----------

旬のキーワードのまとめ

【メタボリックシンドローム】

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態。WHO、アメリカ合衆国、日本では診断基準が異なるため注意を要する。以前よりシンドロームX、死の四重奏、インスリン抵抗性症候群、マルチプルリスクファクター症候群、内臓脂肪症候群などと呼称されてきた病態を統合整理した概念である。

それぞれ単独でもリスクを高める要因であるが、これらが多数重積すると相乗的に動脈硬化性疾患の発生頻度が高まるため、ハイリスク群として予防・治療の対象と考えられてきた。

----------

豆知識だよ!!

2月3日と言う日は

1972年 第11回冬季オリンピックがアジア初の札幌で開幕した。

本日誕生日の有名人
二葉亭四迷(作家 1864)、ノーマン・ロックウェル(画家 1894)、川合俊一(タレント 1963)、有田哲平(お笑い芸人 1971)、吉岡美穂(タレント 1980)


タグ:メタボ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。