2014年流行語大賞


キーワード・クイズで話題の人物・ニュースをチェック。
あなたは、答えられるか?

キーワード・クイズ問題と正解

2014年を振り返ってみたいと思う。


2014年(平成26年)12月1日  

【問題】

今年も12月1日に、ユーキャン新語流行語大賞が発表された。

年間大賞に輝いたのは?



【ヒント】

今年は2つだよ。

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

【正解】

「集団的自衛権」
(受賞辞退)

「ダメよ〜ダメダメ」
(日本エレキテル連合)



【関連】

トップテンに輝いたのは、以下の通り。

「ありのままで」

「カープ女子」

「壁ドン」

「危険ドラッグ」

「ごきげんよう」

「マタハラ」

「妖怪ウォッチ」

「レジェンド」


数年後にこれを読んで、だれのどういった経緯での受賞なのかわかるものは、いくつあるのだろうか?

今の時点で、すでにわからないものもある?



「集団的自衛権」

2014年に衆議院選挙で大勝した自民党の安倍晋三首相は、2014年7月1日閣議を開き、従来の憲法解釈を変更し、集団的自衛権を行使できるという立場をとる決定をした。
集団的自衛権は、互いに助け合うグループをつくり、その仲間が他国から攻撃されたら、自国が攻撃されたと同じと考え、仲間の国と一緒になって、攻撃してきた国と戦う権利のことである。


「ダメよ〜ダメダメ」

タイタン所属の女性お笑いコンビである日本エレキテル連合の中野聡子(なかのそうこ)と橋本小雪(はしもとこゆき)のネタ。


「ありのままで」

興行収入世界1位をたたき出したディズニーのアニメ映画「アナと雪の女王」。
人気の理由の一つは、映画の中の挿入歌にあった。
「レリゴー」と多くの人が歌っていた。

その他の詳細は、また後ほど。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。