今年の3大会見


キーワード・クイズで話題の人物・ニュースをチェック。
あなたは、答えられるか?

キーワード・クイズ問題と正解

2014年(平成26年)12月28日  

【問題】

今日は、問題なしです。



【正解】

正解もありません。

あなたにとって、今年の3大会見と言えば…


【関連】

今年(2014年)も後わずか。

色々あったけど、なんとか健康にランニングを続けることができた。

ランニングとは全く関係ないけど、2014年は、記憶に残る様々な会見があった。
ランナーの超個人的なランキングは…。


第3位は、ゴーストライター騒動の「佐村河内守」さんの会見。

まずは、会見場に現れたときの姿が印象的だった。
会見場のスタッフが現れたかの変貌振りだった。

もうバレバレなのに、それでも聞こえない振りをしているのが、悲しかった。
潔く「聞こえない振りをしていました」と謝罪すれば良いのに、往生際が悪かった。




第2位は、結局再現ができなかったSTAP細胞騒動の「小保方晴子」さんの会見。

特ダネの記者の質問に対する答えが印象に残る。
「STAP細胞はあります」
どうしてこのような嘘を公表することができたのか。
嘘でないなら、一体どういう手違いで、STAP細胞が存在するなどと公表したのか。
ただの嘘つきなのか、とんでもない慌てものなのか。
謎だ。




そして、堂々の第1位は…
号泣会見で有名な兵庫県議の「野々村竜太郎」さんの会見。

最初は、あっけにとられ、やがてあきれ果て、最後は笑うしかないという会見だった。

「子供か?」
と、突っ込みを入れたくなるほど面白かった。
いや、最近は子供でもここまで号泣はしないのではないだろうか。

悪いことをしたのなら、しっかり謝って、やり直せばいい。
取り繕うと、本当に無様だし、後味の悪いものになる。

もう一度、見納め。




来年は、良い年であることを願う。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。