サッカー移籍

2008年1月6日 サッカー移籍

【問題】サッカー、ドイツ1部リーグ・フランクフルトからJ1浦和への加入が内定した日本代表FW選手はだれ?


ヒント:静岡県出身。清水東高からジュビロ磐田へ入団。日本代表として、1999年ワールドユース準優勝、2000年シドニー五輪でベスト8進出を果たす。
 01年にアルゼンチンのボカ・ジュニアーズへ移籍するが、翌年磐田へ復帰。04年アテネ五輪では、エコノミークラス症候群によって代表招集が見送られた。
 03年にはドイツのハンブルガーSVへ移籍するも出場機会に恵まれず、06年にフランクフルトへ移籍。初出場となったワールドカップ・ドイツ大会では、グループリーグ3試合を通してノーゴールに終わったが、06-07シーズンのリーグ戦ではチーム最多の11得点を挙げ、フランクフルトの1部残留に大きく貢献した。10年ワールドカップ・南アフリカ大会出場を目指すオシムジャパンのエースとしても活躍が期待される、日本屈指のストライカー。

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

【正解】

高原直泰(たかはらなおひろ)


【関連】




タグ:高原直泰
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。