Panasonic に社名統一

2008年1月10日

松下電器産業は10日、10月1日付で「パナソニック」に社名変更すると発表した。国内の National(ナショナル)ブランドも来年度中をめどに廃止し、Panasonic(パナソニック)に一本化する。
今後はグループ各社も、例えば松下電工は「パナソニック電工」に変更する。


【問題】
昭和30年代のナショナルのコマーシャルをご存知でしょうか?


明る〜いナショナル 明る〜いナショナル
みんな〜 家中〜(うちじゅう〜)
で〜んきでう〜ご〜く〜
明る〜いナショナル 明る〜いナショナル
○○○〜 △△△〜 な〜んでも ナショ〜ナ〜ル〜



○○○と△△△にはそれぞれ何という言葉が入るでしょうか?


 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

【正解】

○○○ ラジオ

△△△ テレビ

これがわかる人はかなりの年配?


【関連】
世界的な企業イメージやブランド力の向上のために、海外で「松下」よりも浸透している「パナソニック」に統一するための決断。
松下電器はパナソニックのブランド名を昭和30年から使い始め、現在は海外での統一ブランドとしてほぼすべての商品に採用している。
一方、国内では音響・映像(AV)関連はパナソニック、白物家電や電灯関連はナショナルと使い分けてきた。

今年は、故松下幸之助氏による大正7年の創業から数えて90周年の節目の年にあたる。
その節目の年に「松下」の文字が外れ、昭和2年に発売したランプの製品名として採用した「ナショナル」も姿を消すことは、大阪生まれの私としては、何だか寂しい感じがする。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。