小保方晴子さんらが万能細胞を作製


キーワード・クイズで話題の人物・ニュースをチェック。
あなたは、答えられるか?

キーワード・クイズ問題と正解

2014年(平成26年)1月30日  

【問題】

理化学研究所発生・再生センター(神戸市)の小保方晴子(おぼかた・はるこ)研究ユニットリーダーらが新たな万能細胞を作成した。

さて、この細胞は何と名付けられたか?


【ヒント】

「刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得」の意味の英語の頭文字を取ったものだよ。

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

【正解】

STAP細胞(スタップ細胞)

【関連】

STAPとは、刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得( Stimulus - Triggered Acquisition of Pluripotencey )の略称である。

STAP細胞とは、「刺激が引き金となって多能性を獲得した」細胞ということになる。

この画期的な万能細胞の作製に成功したのは、理化学研究所の発生・再生総合研究センターの小保方晴子さんだ。
小保方さんらの研究成果が、英科学誌のNATURE(ネイチャー)に掲載され、主要メディアから「革命的」など驚嘆の声で賞賛された。
一度は、ネイチャー誌から、「科学を愚弄するもの」ということで、却下されていた論文であった。
それくらいあり得ない研究成果なのだ。


マウスの細胞を弱い酸性の溶液に浸し刺激を与えるだけで、万能細胞に変化すると言う。
そんな簡単な方法で、万能細胞ができると言うのが驚きだ。
これが、人間の細胞にも応用できれば、再生医療の分野でものすごい成果を上げることが期待される。

それにしても、私が最初にニュースを見た感想は恥ずかしながら、小保方さんが、美人だなあと言うことだった。
こういう人をリケジョ(理系女子)と一部で言うのだそうだが、リケジョのイメージが私の中で変わった。





nature [Japan] January 30, 2014 Vol. 505 No. 7485 (単号)



タグ:万能細胞

日本人が25年ぶりにノーベル医学生理学賞を受賞


キーワード・クイズで話題の人物・ニュースをチェック。
あなたは、答えられるか?

キーワード・クイズ問題と正解

2012年10月8日  

【問題】

25年ぶりに、日本人がノーベル医学生理学賞を受賞した。」

さて、受賞したのはだれ?


【ヒント】

iPS細胞を開発した京都大学の教授だよ。

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

【正解】

山中伸弥


【関連】

今回ノーベル医学生理学賞を受賞した iPS細胞とは何か。

体の様々な組織を構成している細胞になる可能性を持った細胞のことを言う。
いったん分化して骨や筋肉や血液や神経などになった細胞は、他の細胞になったり、前の状態に戻ったりはしない。

山中教授らは、細胞に4つの遺伝子を組み込むことによって、時間を巻き戻すかのように、細胞を初期化する現象を成し遂げたというのだ。
初期化(多様性を持つ状態)が達成できると、ここからいろんな可能性が広がると言う。
例えば、失われた細胞を iPS細胞で作った細胞で補うことができる。再生医療に利用できる。
他にも新薬の開発や、病気の原因を解明するのにも使えるそうだ。

これまでも、受精卵から胚性幹細胞(ES細胞)を取り出して利用する方法が発表されていたが、これから赤ちゃんになる受精卵を壊して取り出すということに大きな倫理的な問題があった。
それに比べて、iPS細胞は、4つの遺伝子を組み込むという驚くほどシンプルな方法で、作られる。

山中教授は、手術が苦手で、手術をする時には「じゃまなか君」などと呼ばれていたこともあるという。
大阪市立大ではマウスの世話に追われて、うつにもなったそうだ。
しかし、研究者になることを決意してから、努力と周囲の援助もあり、ノーベル賞を受賞するまでになった。

人の生涯、わからないものだ。




芸能人・有名人の結婚・離婚・恋愛ファイルも見てみる?


「神の粒子」発見か?


キーワード・クイズで話題の人物・ニュースをチェック。
あなたは、答えられるか?

キーワード・クイズ問題と正解

2012年7月4日  

【問題】

物に重さを与える「神の粒子」とも言われ、質量の起源とされる新粒子が発見された。
この発見でノーベル賞がもらえなければ、何がノーベル賞をもらえるんだというぐらいすごい発見らしい。

さて、この粒子は何か?


【ヒント】

ミックスジュースじゃないよ。

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

【正解】


ヒッグス粒子



【関連】

素人には何のことかさっぱりわからないが、このヒッグス粒子の存在を確認したのは、すごいことなのだそうだ。

ヒッグス粒子は、それが存在することは予言されていたのだが、見つかっていなかった。
あらゆるところに存在するのだが、目には見えないし普通感知できないものだからだ。

ヒッグス粒子の名前は、その提唱者であるイギリスのエディンバラ大学名誉教授のピータ・ヒッグス氏の名前から来ている。

宇宙は、ビッグバン(大爆発)によって生まれた。
そのときクォークなどの粒子は重さ(質量)を持たず光速で飛び回っていたが、ヒッグス粒子が海のように空間を満たしたため、その中を進むときに、動きがにぶくなったというのである。

その動きにくさが質量の起源となったと考えられている。

日本でも、東大、九大、長崎総合科学大などが参加するチーム「アトラス」が、計1100兆回という衝突実験を行い、新しい粒子の存在を確認したという。

今回は、欧州合同現時核研究所(CERN)がヒッグス粒子と思われる新粒子を発見したことを発表した。CERNには、九大の研究者も3人が参加しているという。

この発見が何に役立つのかはよくわからない。
しかし、また真実が明らかになっていくことにわくわくする。




芸能人・有名人の結婚・離婚・恋愛ファイルも見てみる?


ノーベル化学賞受賞!


キーワード・クイズで話題の人物・ニュースをチェック。
あなたは、答えられるか?

キーワード・クイズ問題と正解

2010年10月6日  

【問題】

2010年のノーベル賞受賞者の発表があり、日本人二人がノーベル化学賞を受賞した
さて、その二人とはだれか?


【ヒント】

一人は北海道大名誉教授で、もう一人は米パデュー大特別教授だよ。

これで歴代の日本人のノーベル賞受賞者は18人になった。
その内、日本人のノーベル化学賞受賞者は7人

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

【正解】

鈴木章・北海道大名誉教授(80)
根岸英一・米パデュー大特別教授(75)



【関連】

受賞理由は、有機化合物の合成技術を開発し、有機化学の発展に貢献したことである。
受賞理由となった有機合成反応という技術は、「有機合成におけるパラジウム触媒クロスカップリング反応」というもので、化合物を効率よくつなぎ合わせたり、分離させることを可能にする技術だ。
いわば、二つの有機化合物を自在にくっつける「のり」ともいえるようなパラジウム触媒を使って、つなげるのが難しいとされていた炭素原子同士を容易に結合させて、化合物を簡単に作る方法を開発したのである。

医薬品や次世代照明と期待される有機ELなど、私たちの生活を支える数々の製品を生み出す原動力となる化学反応を考案した功績を認められたということだ。

あまりにも難しくて文系の私にはよくわからないが、両氏が、世の中の役に立つ物質を簡単に作る方法を発見したすごい方々だということはわかった。

資源の少ない日本では、こうした新技術の開発が生命線とも言えるわけで、今後も日本人がこのような素晴らしい発見や革新的な技術を開発してくれることを期待している。

「資源がなければ作ればいい」
資源のない日本だからこそできる発想だ。

労せずして地球から資源を搾取して、それを奪い合うような低レベルの争いに巻き込まれたくない。
また資源をネタに理不尽な圧力をかけられても動じないでいられるようになりたいものだ。
そのためにも、日本は技術開発を続けなければならない。




芸能人・有名人の結婚・離婚・恋愛ファイルも見てみる?
タグ:ノーベル賞

太陽電池の変換効率世界最高記録を更新


キーワード・クイズで話題の人物・ニュースをチェックして、
あなたもちょっぴり物知りになりませんか?

キーワード・クイズ問題と正解

2009年5月22日  

【問題】

石油に代わるエネルギーの開発が進んでいる。
中でも「太陽光発電」(ソーラーシステム)は注目すべき技術だ。

さて、22日、太陽光発電パネルの主要部品である太陽電池で、太陽エネルギーを電気に変える変換効率の世界最高記録を更新したと発表した企業はどこか?


【ヒント】

現在、国内における太陽電池の生産量のトップは「シャープ」で、2位は京セラだが、それらを追走している第3位の企業だよ。

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

【正解】

三洋電機


【関連】

三洋電機がやってくれた。
太陽光発電パネルの主要部品である太陽電池で、太陽エネルギーを電気に変える変換効率の世界最高記録を更新したのである。
これまでの記録は、22.3%で、その記録を23.0%に塗り替えた。

太陽光発電、いいと思うよ。
携帯の世界でも、新しい波が押し寄せそうだ。
すでに、KDDIと沖縄セルラー電話は2009年4月20日、太陽光で充電できる携帯電話機を販売すると発表している。
シャープによると、6月には発売予定だという。
もうこれで携帯の電池切れに悩まされる必要はない?
 ↓
http://special.nikkeibp.co.jp/ts/article/0i0d/102713/

ソフトバンクも太陽光でも充電できる携帯の発売を発表している。
 ↓
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/life/20090519-567-OYT1T00842.html



芸能人・有名人の結婚・離婚・恋愛ファイルも見てみる?
タグ:太陽光発電

次期ノーベル賞候補は…

キーワード・クイズで話題の人物、ニュースをチェックして、あなたもちょっぴり物知りになりませんか?

キーワード・クイズ問題と正解

2009年1月1日  

【問題】

次のノーベル賞候補とも言われているのが、国立循環器病センター研究所(大阪府吹田市)所長で、京都大学客員教授の寒川賢治だ。
研究対象は、成長ホルモンの分泌を促進する魔法のような物質である。
この物質は「グレリン」という名で、成長ホルモンの分泌促進作用以外にも、@摂食促進作用、A消化管運動促進作用、B胃酸分泌促進作用、C心機能の改善作用 など様々な生理作用を有することが明らかになっている。

成長ホルモンを促進させるものがあれば、老化を食い止めることもできるかも知れないのだ。

さてこの「グレリン」、それはラットのある臓器から、その後人間のある臓器からも見つかった。
それは、どこから見つかったのか?

【ヒント】

脳から多くのホルモンが分泌されているので、最初は脳を探していたが、脳ではなかった。
それは意外なところから…

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

【正解】

 

【関連】

ラットの心臓や肺、胃などをすりつぶして得た物質が、成長ホルモンの分泌を促す働きを持っているかどうか一つ一つ調べあげて、誰も想像していなかった胃から探していた物質を見つけたのだそうだ。


芸能人・有名人の結婚・離婚・恋愛ファイルも見てみる?

温泉からレアメタル?

キーワード・クイズ問題と正解

2008年11月19日  

【問題】

最近、テレビを見ていたら、温泉からレアメタル(希少金属)を取り出すという特集をやっていた。
今まで垂れ流していた温泉水にわずかに含まれているレアメタルを取り出すのだという。

このレアメタルは照明や自動車ランプや燃料電池の固体電解質材料として注目されているのだそうだが、かなりの高額ですべて輸入に頼っていたという。
それが日本の温泉から抽出できるのだという。
今まで垂れ流していた温泉水が、ゴールドラッシュならぬ、レアメタルラッシュを生むのか?

さて、このレアメタルの名前は何と言う?


【ヒント】

原子番号21の元素で、元素記号はSc。
採掘量が少なかったために高価だったが、採掘量も増え、今では1kgあたり200万円、1gあたり2000円程度とされている。
それでも高い。


 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

【正解】

スカンジウム


【関連】

レアメタルは草津温泉から回収されるそうだ。
こうやってみると、温泉もただの「湯治の場」や「癒しの場」にとどまらず、「宝の山」に見えてくる。
他にも色々な物質が取れるのではないだろうか?


関連記事はこちら
 ↓
http://www.business-i.jp/news/venture-page/news/200810110030a.nwc



スターリングエンジンとは?

キーワード・クイズ問題と正解

2008年11月18日  

【問題】

クリーンなエネルギーが注目されるようになってきたが、今、スターリングエンジンが注目を浴びてきているという。

スターリングエンジンとは、シリンダー内のガス(もしくは空気等)を外部から加熱・冷却して仕事を得る外燃機関である。
熱エネルギーを運動エネルギーに高効率で変換できるすぐれものである。
また、その逆も同様に高効率で変換できる。多種多用な熱源を利用できる。
内燃機関のような爆発がないので作動が静粛であるのもすごい。


さて、このスターリングエンジンという名前は、以下の何に由来するものか?

@ 人名から
A 地名から
B 仕組みから


【ヒント】

運動エネルギーから温度差を作り出すことも出来るという性質を持ち、その性質を利用した冷凍機が既に実用化されている。
なんとこのエンジンは、1816年に、スコットランドの牧師によって発明された歴史のあるものなのだ。

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

【正解】

@ 人名から

スコットランドの牧師であり発明家でもあった、ロバート・スターリングが1816年にこのエンジンを発明した。


【関連】

スターリングエンジンがすごくよくわかるサイトはこちらです。
 ↓
http://members.jcom.home.ne.jp/kobysh/stirling/stirlingIntro.html



コーヒーカップの熱でスターリングエンジンが回っている様子がよくわかりますね。
   ↓




日本人がノーベル化学賞を受賞

キーワード・クイズ問題と正解

2008年10月8日  

【問題】

ノーベル物理学賞に続き、日本人が今度はノーベル化学賞を受賞。
下村脩(しもむらおさむ)氏があるものを発見したという。

さて下村脩氏が見つけた物質というのは何?

【ヒント】

下村氏によると「クラゲから別の物質を取り出そうとした際の副産物として見つけた。非常に幸運だった」ということである。

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

【正解】

緑色蛍光たんぱく質(GFP)


【関連】



号外も出た。
 ↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081008-00000047-jijp-soci.view-000

下村脩氏は、アメリカ合衆国の生物学者(有機化学・海洋生物学)。学位は理学博士(名古屋大学、1960年)。ボストン大学名誉教授。
アメリカ在住の方だ。国籍は日本。

さて、緑色蛍光たんぱく質(GFP)の発見のどこがすごいのか?
緑色蛍光たんぱく質(GFP)は、自然界ではオワンクラゲを光らせる物質だ。
これを、ゲノムに挿入して、標的にした遺伝子が動き出したときに光る物質として利用されているのだという。
この物質によって研究者たちは、以前は不可能だったレベルで細胞機能を観察できるようになったというのだ。



タグ:下村脩

日本人がノーベル物理学賞を受賞

キーワード・クイズ問題と正解

2008年10月7日  

【問題】

10月7日(火)日本人がノーベル物理学賞を受賞した。
受賞者はシカゴ大学名誉教授の南部陽一郎氏、高エネルギー加速器研究機構名誉教授の小林誠氏、京都産業大学理学部教授・京都大学名誉教授の益川敏英氏。

南部氏は、ある概念を素粒子理論に適用し、素粒子に質量が生まれる仕組みや、真空が素粒子に与える影響の解明に貢献。

小林・益川両氏は、当時3種類しか発見されていなかった物質を構成する基本粒子クォークが6種類あるという先駆的な理論(小林・益川理論)を提唱し、南部氏の理論が自然に説明できるとした。

こう書いていても私自身何かよくわからない。
とにかくすごい理論なのだ。

さて、南部氏が提唱した概念は、一般的に何と呼ばれているか?

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

【正解】

「自発的対称性の破れ」


【関連】

小林、益川両氏の受賞理由となった理論は「CP対称性の破れの起源発見」。

南部氏の「対称性の自発的破れ」の概念は、素粒子の世界では当たり前と信じられてきた「対称性」が失われる場合があることを提唱する革新的なものだった。

日本人のノーベル賞受賞は、2002年の小柴昌俊・東京大特別栄誉教授(物理学賞)、田中耕一・島津製作所フェロー(化学賞)以来6年ぶりのこと。
3氏を含めるとこれまでの受賞者は計15人になった。
物理学賞に限ると小柴氏に続き計7人となった。

詳しくはこちら
 ↓
http://mainichi.jp/select/today/news/20081008k0000m040062000c.html?inb=yt


関連書籍




タグ:ノーベル賞

日本の人工衛星打ち上げ成功

旬のキーワード問題と正解

2008年2月23日 インターネット衛星打ち上げ成功! 

【問題】

超高速インターネット衛星を載せたH2Aロケットが23日午後5時55分に、種子島宇宙センターから打ち上げられた。打ち上げは成功し、衛星は予定通り軌道に乗った。
さて、この衛星の名前は何?


【ヒント】

宇宙機構(宇宙航空研究開発機構)と情報通信研究機構が共同開発した衛星で、費用は約367億円。
地上局を介さない衛星通信の特性を生かして、インターネット環境の整備を進めるのが主な目的。


 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

【正解】

「きずな」


【関連】

これまでに世界各国で打ち上げられた衛星は約6000個。
地上に回収されたものや、高度が下がって落下したものを除くと、現在周回中の衛星は約3000個以上ある。

H2Aロケットはこの本でも紹介されているよ。

技術開発のエースたち



タグ:人工衛星

世界最大の太陽光発電所

旬のキーワード問題と正解

2008年2月22日 世界最大の太陽光発電所を建設 

【問題】

バイオ技術を手がけるアベンゴア社のエネルギー部門、アベンゴア・ソーラーは21日、世界最大の太陽光発電所を米アリゾナ州に建設すると発表した。

アベンゴア・ソーラー社はアリゾナ州公益事業局とこの事業計画を締結した。
しかしアベンゴア・ソーラー社はアメリカの企業ではない。
さてどこの国の企業?


【ヒント】

ヨーロッパの国だよ。

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

【正解】

スペイン



【関連】

なぜ、スペインがアメリカの企業と提携しているのか、よくわからない。
しかし、太陽電池の世界シェアは17・4%(米PVニュース調べ)で、7年連続世界首位である日本のシャープもヨーロッパに次いで太陽電池の市場が急拡大している米国で環境授業を実施したりするなど、自社の存在をアピールし、「海外強化」を実行している。

いずれにせよ、太陽光発電は温暖化防止にも役立つので需要は増大していくはずだ。





タグ:太陽光発電
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。